グラシェラ スサーナ。 グラシェラ・スサーナ「行かないで」の楽曲ページ|1000014243|レコチョク

グラシェラ・スサーナ 76/45[Live]

グラシェラ スサーナ

プロフィール [ ]• 「」のクリスティーナ・アンプロシオの2歳下の妹。 幼い時からに関心を持ち、アンヘル・パラシオ、アルノルド・ピントに師事した。 また、歌をミセス・アルバ・デ・ベリオンに師事した。 、アルゼンチンで行われた「第6回タンゴフェスティバル」に優勝。 かなりの日本びいきで、長男や長女にも大の日本好きと思われるような名前をつけた(『』第590回(放送分)6問目より)。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• /愛の音(1972年7月1日) 東芝EMI ETP-2685 - 62位• 人が行く/愛さないの愛せないの(1972年7月5日) 東芝EMI ETP-2686• 涙の時計/淋しい女(1973年1月20日) 東芝EMI ETP-2795• 人生は戦い/アドロ(1973年 東芝EMI ETP-2823• 粋な別れ/君去りし夜(1973年8月20日) 東芝EMI ETP-2895• 雪が降る/白い想い出(1974年1月20日) 東芝EMI ETP-2974• 愛したら最后/泪色の駅(1975年11月20日) 東芝EMI ETP-10004• わが心のアランフェス/哀愁のコルドバ(1976年6月20日) 東芝EMI ETP-10012• 黒い瞳はお好き? /愛と同じくらい孤独(1976年8月5日) 東芝EMI ETP-10045 - 秋のキャンペーンソング、72位• 流れ星/絹の瞳(1977年3月5日) 東芝EMI ETP-10176• 地図にない海/黄昏の海(1977年8月5日) 東芝EMI ETP-10272• わかれの手紙/さだめ(1978年2月5日) 東芝EMI ETP-10362• さよならの鐘/髪(1978年7月5日) 東芝EMI ETP-10434 - 作詞・作曲:• 雪おんな(伝説)/雪おんなのテーマ(1978年12月1日) 東芝EMI ETP-10513• 誕生日おめでとう/愛はすべてを変える(1979年) 東芝EMI ETP-10582 - グラシェラ・スサーナ 菅原洋一名義• 愛の幻影/初めての夜のように(1980年4月5日) 東芝EMI ETP-10709• 麝香の嵐/フィナーレ(1981年2月5日) 東芝EMI ETP-17113• 白い冬/炎と露(1981年11月21日) 東芝EMI ETP-17254• 乾杯はロゼで(日本語)/乾杯はロゼで(スペイン語)(1984年) RCA RPS-157 - グラシエラ・スサーナ表記• ふるさと忘れな草/サヨナラ(1985年) CBSソニー 07SH-1667• 唐街雨情(2007年10月17日) - アルバム [ ]• 牛車に揺られて(1972年12月)• 愛の音(1972年9月5日)• カバーアルバム。 オリコンLPチャート100位以内チャートイン回数が220週を超えるロングセラーとなる。 愛の詩を今あなたに(1973年10月5日)• 愛と別れ(1974年6月5日)• 粋な別れ(1974年11月5日)• わたしの好きな歌(1975年2月5日)• 別に……(1975年6月5日)• グラシェラ・スサーナ・リサイタル(1975年11月5日)• ヨーロッパを歌う(1976年4月5日)• 黒い瞳はお好き? (1976年12月1日)• 愛の墓標(1977年3月5日)• AMOR〜アモール(1992年12月2日)「AMOR〜アモール」「つばめのように」他を収録。 風は南から(2000年) - にちなみ、「八戸によする歌」「」を収録。 (、一時期アシスタントを務めた) など 関連項目 [ ]• - 元 外部リンク [ ]• [ ]•

次の

グラシェラ・スサーナ

グラシェラ スサーナ

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

グラシェラ・スサーナ

グラシェラ スサーナ

もちろん、いわゆるメドレーではなく、下記「収録楽曲」の通り、各曲とも独立して収録されています。 なお、SIDE C は、DOR0069 for VIPのSIDE2をボーナストラックとして追加収録しています。 その中に、DAMオリジナル録音作品が36タイトルあります。 ただ、そのオリジナル・アナログ・マスターテープは、たった1回だけプレスされただけで、その後27~40年間あまり、門外不出とされ、一切市販されませんでした。 この度、その稀少価値のDAMオリジナル録音作品から、DAMPCおよび関係者の方々の協力をいただき、まず9タイトルに関して、オリジナル・アナログ・マスターテープを、素晴らしい精度で再現できるようになったDSD11. 2MHz・DSDIFF(拡張子. dff )により、配信させていただく事になりました。 *今後、「DSD11. 2MHz DSDIFF(拡張子. dff )」を「DSD11. dff 」と、略して表記いたします。 *いずれも、オリジナルのアナログ・マスターテープから、ダイレクトにDSD11. dff に変換しています。 *音質を最優先するため、マスターテープ1本分を、そのままDSD11. dff ファイル1個としました。 片面分、通しての再生になりますが、あしからずご了承ください。 *原則として、DAM45 片面分が、DSD11. dff ファイル1個に対応します。 いずれのタイトルも、アーティストが全盛期に収録したマスターテープを、最新技術のDSD11. dff マスタリングしたことにより、オリジナル・アナログ・マスターテープの持つ、驚くほどの情報量ともに、録音空間と音楽が自然かつリアルに再現されることなど、お楽しみいただけることと思います。 マスタリング・データ ・マスタリング・エンジニア 杉本一家(JVCKENWOOD Creative MediaCorporation) Editing System:Merging Pyramix Ver. dff で配信するにあたり 今でも多くの観客を魅了している、アルゼンチンの歌姫、グラシェラ・スサーナの全盛期を大ホールに満員の観衆の前でスタジオ録音風にテイクを選んで録音を実施した貴重な音源です。 スサーナ自身、バックの演奏者、録音スタッフ、満員の観客までが緊張感あふれる状況の中、アドロやサバの女王をはじめ幅広い名曲を素晴らしい歌唱力で情感たっぷりに歌い上げた<究極のカバーアルバム>と言える名演です。 スサーナの魅力は圧倒的な声量と囁くような歌唱、深く厚みのある声、38年を経てもこれだけの歌唱力と胸を打つ声の 魅力に勝るボーカリストは現れないのではと思える素晴らし歌い手です。 dff による再生でご体験下さい。 なお、コンサート当時の詳細は、DAM45発表当時の下記解説書PDFをご覧ください。 dff 化しました。 *録音時の詳細情報は、上記URLから、上段・右端の「解説書PDF」ボタンをクリックしてご覧ください。 日頃は,第一家庭電器をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 ご好評をいただいているDAM オリジナル・オーディオチェック・レコードも四年目に入り、このアルバムが15種類目となります。 さて、今回は "日本人より日本の心を情感をこめて歌いあげる" ということで評判のグラシェラ・スサーナの登場です。 彼女は「アドロ・サバの女王」 東芝EMI ETP-72045 の100万枚を超える大ヒットでその人気を不動のものとしましたが、そのレコードはオーディオ・チェックレコードなどというものが発売される以前から、音の良さ、チェックのしやすさでオーディオ・マニアやメーカーの間で話題になっていました。 そこで折から来日中のスサーナを、最新の録音技術でDAM がオリジナル録音したのがこのアルバムです。 曲目は、彼女の数あるレパートリーの中から特に評判の高いものを集め、バラエティに富んだ構成になっています。 録音方法には、 ミス等を補正できるスタジオ録音と、音楽的な雰囲気と流れがスムーズなコンサートライブ録音があり、 DAM オリジナル録音は、それぞれの良い点を生かすために,ホールを使ってスタジオ録音風に収録いたしました。 そして3 月24日 、赤坂・都市センター・ホールにおける録音は、スサーナやバックのミュージシャン、録音スタッフは勿論、満員のお客様も一体となって、緊張した雰囲気の中で素晴らしい演奏が展開されたのです。 当日は、ボーカルとバックは同時録音とし、曲によって2回演奏したものもありますが、レコード化にあたっては、曲間の編集を一切行わず、音楽の自然な流れを重視いたしました。 45回転・厚手プレス盤に加え、 クオーツ・ロックD. ダイヤ針カッティングによる、現在考えられる最新・最高水準の技術により、スサーナの情感の世界をあますところなく再現できるよう努力いたしました。 スサーナの低音から高音までの音域の広さ、独特のささやきから力強いフォルティッシモまでの驚異的なダイナミックレンジ、弦や各種打楽器、バンドネオンを含む編成の大きなバック、それにアベナさんの弾くアコースティック・ギターの冴え等、オーディオ・チェック・ポイントも大変バラエティーに富んでおります。 なお,このアルバムの制作にあたり、関係各位の皆様に多大なご協カをいただきましたことを心からお礼申し上げます。 最後に,会員の皆様のレコード・ライブラリーに、又オーディオ・チェックに末長くご愛用いただきますようお願い申し上げます。

次の