レーザーテック。 レーザーテック (6920) : 決算情報・業績 [Lasertec]

レーザーテック

レーザーテック

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

レーザーテックが連日の最高値、3Q好調で通期受注予想を増額

レーザーテック

総合点は 10. 0 点 収益性は 10. 0 点 ROAは 10. 66 % 伸び率: -12. 44 % ROEは 24. 25 % 伸び率: 24. 51 % 売上高総利益率は 56. 98 % 伸び率: 4. 09 % 売上高営業利益率は 34. 63 % 伸び率: 29. 57 % 売上高経常利益率は 34. 82 % 伸び率: 31. 65 % - 売上高純利益率は 24. 65 % 伸び率: 23. 23 % 安全性は 10. 0 点 自己資本比率は 43. 94 % 伸び率: -29. 67 % 固定比率は 31. 31 % 伸び率: -2. 82 % 固定長期適合率は 30. 78 % 伸び率: -3. 46 % 流動比率は 156. 09 % 伸び率: -28. 65 % 手元流動性比率は 8. 55 ヶ月 伸び率: 42. 57 % 営業CFは 15,848 百万円 伸び率: 131. 66 % 投資CFは -1,894 百万円 伸び率: -112. 83 % 財務CFは -2,799 百万円 伸び率: -63. 24 % 成長性は 10. 0 点 売上高は 25,601 百万円 伸び率: 19. 19 % 総資産は 78,597 百万円 伸び率: 67. 13 % 資産回転率は 0. 43 回転 伸び率: -28. 94 % - 19年12月 総合点は 9. 71 点 収益性は 9. 9 点 ROAは 18. 26 % 伸び率: 9. 13 % ROEは 31. 51 % 伸び率: 22. 4 % 売上高総利益率は 58. 5 % 伸び率: 3. 64 % 売上高営業利益率は 40. 05 % 伸び率: 30. 97 % 売上高経常利益率は 39. 84 % 伸び率: 30. 26 % - 売上高純利益率は 28. 04 % 伸び率: 22. 68 % 安全性は 9. 67 点 自己資本比率は 57. 95 % 伸び率: -10. 85 % 固定比率は 30. 36 % 伸び率: 0. 5 % 固定長期適合率は 29. 9 % 伸び率: 0. 05 % 流動比率は 201. 82 % 伸び率: -14. 73 % 手元流動性比率は 4. 32 ヶ月 伸び率: -22. 12 % 営業CFは 4,073 百万円 伸び率: -38. 44 % 投資CFは -1,588 百万円 伸び率: -481. 95 % 財務CFは -1,400 百万円 伸び率: -41. 04 % 成長性は 9. 55 点 売上高は 19,948 百万円 伸び率: 18. 47 % 総資産は 60,766 百万円 伸び率: 33. 19 % 資産回転率は 0. 65 回転 伸び率: -11. 05 % - 19年09月 総合点は 9. 33 点 収益性は 9. 46 点 ROAは 7. 15 % 伸び率: -4. 89 % ROEは 12. 87 % 伸び率: 10. 16 % 売上高総利益率は 56. 41 % 伸び率: 6. 1 % 売上高営業利益率は 25. 8 % 伸び率: 73. 04 % 売上高経常利益率は 24. 77 % 伸び率: 57. 63 % - 売上高純利益率は 17. 92 % 伸び率: 41. 45 % 安全性は 9. 41 点 自己資本比率は 55. 52 % 伸び率: -13. 66 % 固定比率は 33. 56 % 伸び率: -1. 78 % 固定長期適合率は 32. 98 % 伸び率: -2. 45 % 流動比率は 187. 51 % 伸び率: -17. 85 % 手元流動性比率は 7. 3 ヶ月 伸び率: 34. 97 % 営業CFは 2,654 百万円 伸び率: 26. 29 % 投資CFは -968 百万円 伸び率: -454. 64 % 財務CFは -1,399 百万円 伸び率: -40. 97 % 成長性は 9. 11 点 売上高は 5,542 百万円 伸び率: -10. 33 % 総資産は 55,145 百万円 伸び率: 33. 36 % 資産回転率は 0. 4 回転 伸び率: -32. 75 % - 提出日 対象時期 書類名 総合点 収益性 安全性 成長性 20年05月 20年03月 四半期報告書 第3四半期 10 10 10 10 20年02月 19年12月 半期報告書 9. 71 9. 9 9. 67 9. 55 19年11月 19年09月 四半期報告書 第1四半期 9. 33 9. 46 9. 41 9. 11 19年09月 19年06月 有価証券報告書 9. 19 9. 33 9. 01 9. 22 19年05月 19年03月 四半期報告書 第3四半期 8. 84 9. 11 8. 73 8. 69 19年02月 18年12月 半期報告書 8. 58 9. 19 8. 4 8. 16 18年11月 18年09月 四半期報告書 第1四半期 8. 19 8. 81 8. 13 7. 62 18年09月 18年06月 有価証券報告書 7. 72 8. 2 7. 87 7. 09 18年05月 18年03月 四半期報告書 第3四半期 7. 38 8 7. 53 6. 62 18年02月 17年12月 半期報告書 7. 05 7. 9 7. 15 6. 09 17年11月 17年09月 四半期報告書 第1四半期 6. 7 7. 73 6. 73 5. 63 17年09月 17年06月 有価証券報告書 6. 21 7. 08 6. 45 5. 1 17年05月 17年03月 四半期報告書 第3四半期 6. 09 7. 38 6. 14 4. 74 17年02月 16年12月 半期報告書 5. 88 6. 74 6. 45 4. 43 16年11月 16年09月 四半期報告書 第1四半期 5. 63 6. 09 6. 9 3. 91 16年09月 16年06月 有価証券報告書 5. 25 5. 76 6. 34 3. 66 16年05月 16年03月 四半期報告書 第3四半期 5. 04 5. 84 5. 75 3. 53 16年02月 15年12月 半期報告書 5. 09 6. 39 5. 28 3. 61 15年11月 15年09月 四半期報告書 第1四半期 5. 04 7. 03 4. 72 3. 37 15年09月 15年06月 有価証券報告書 5. 22 7. 36 4. 88 3. 41 15年05月 15年03月 四半期報告書 第3四半期 4. 71 6. 71 4. 31 3. 12 15年02月 14年12月 半期報告書 4. 44 6. 2 4. 48 2. 65 以下は提出書類から独自に設定したものです。 メイン サブ レーザーテック 本サービスにおける企業の業績情報は金融庁 で開示されたXBRLを元に算出・加工編集した情報であり、 金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。 本サービスは、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サービスの統計情報はを使用していますが、本サービスの内容は国によって保証されたものではありません。 本サービスは相応の注意を払って運営されておりますが、企業の業績情報・統計情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 本サービスの情報に基づいて行われる判断、被ったいかなる損害について本サービス運営者は一切の責任を負いません。 当サイトへのリンクは自由におこなってください。 ただし、データそのものへの直リンクは禁止いたします。 本サービスで公開している内容につきましては予告なく変更させていただく場合がございます。 予めご了承ください。

次の

レーザーテック株(6920) 世界シェア100%のグロース銘柄を分析│投資と消費.com

レーザーテック

高機能スマートフォン向けなどが伸びた。 米中摩擦のなかでも強さを見せつけたが、中国のスマホメーカーとの関係がリスクとして残る。  4~6月期の... 高機能スマートフォン向けなどが伸びた。 米中摩擦のなかでも強さを見せつけたが、中国のスマホメーカーとの関係がリスクとして残る。 新型コロナウイルスの感染拡大や米中貿易摩擦が過熱した一方、次世代通信規格「5G」対応スマホや、テレワークの拡大で需要が伸びているサーバーなどに使う先端半導体の出荷が膨らんだ。 米国が5月に発表した華為技術(ファーウェイ)への規制強化もプラスに働いた。 ファーウェイは先端半導体の生産の多くをTSMCに依存してきたが、9月中旬以降は取引が禁止される。 規制を前に在庫の積み上げに動いたとされ、TSMCの出荷急増につながったようだ。 経営トップの劉徳音董事長は16日の電話会見で、上方修正の理由を「(主要顧客の)ファーウェイには9月15日以降、半導体を供給できなくなるが、他の顧客からの受注が増えている」と説明した。 ファーウェイ向けを巡っては、先端品ではない一般の半導体なら9月中旬以降も出荷ができそうだという指摘が最近、急浮上している。 ただ、TSMC幹部は16日の会見で「米規制の定義がはっきりしないうちは、出荷はしない」と話した。 米アップルに次ぐ大口顧客だ。 このまま米規制が予定通りに実行されれば、ファーウェイ向けの売上高はなくなる。 単純計算で年間6000億円弱に相当する。 だが「それでも売上高は落ちない。 十分に埋まる」というのが業界内の一致した見方だ。 TSMCの強気の背景には、今後普及が見込まれる5Gスマホ用の最先端の半導体は自社でしか造れないという自負がある。 半導体の性能を左右する回路線幅は、実用化されているものでは7ナノ(ナノは10億分の1)メートルが最先端品だ。 足元では5ナノの量産も始めており、新型iPhoneに搭載される予定だ。 中国の同業大手である中芯国際集成電路製造(SMIC)は14ナノなどを展開する段階で、他社を大きくリードしている。 受注残高も100億ユーロ(約1兆2000億円)以上あることが明らかになり、周辺にも楽観ムードが漂う。 TSMCは米の規制強化に従い、9月中旬以降、ファーウェイとの取引を中止する道を選んだ。 中国はそれが不満だ。 世界のスマホ市場に目を移すと年間約13億台のうち、中国メーカーは3~4割を占める。 中国側は今後、こうした大きな存在感を利用しかねない。 中国スマホ各社が政府と共同歩調をとり、TSMCへの受注につながる発注を他メーカーに切り替えたり、自主開発を加速して「TSMC外し」を強めたりする可能性がある。  半導体生産に関するTSMCの技術力は突出しているため、すぐにはこうした動きは取りづらい。 ただ、中国スマホメーカーを敵に回すことは、TSMCの中期的なリスクになりうるとの指摘は少なくない。 投資家はこれまでのところリスクよりも足元の強さを評価しているようだ。 最高値の更新が続き、時価総額は直近で約3400億ドル(36兆円強)に達した。 米市場でも上位10位を伺う地位を得て、同2500億ドル程度で推移する同業大手の米エヌビディアや米インテルを圧倒する。 今日も大きく下がるでしょうけど.

次の